なぜプロテインは水で飲むのがおすすめなのか?

筋トレに励んでいるあなたはプロテイン(パウダー)を飲んでいますか?筋肥大を期待するなら、やっぱりプロテインを飲もうって思いますよね。しかし、どうやって飲めば良いのか、そこが問題です。どうでも良いことのようにも思えますが・・・

プロテインって水で飲んでます?

A先輩
基本的には牛乳だよ!

プロテインは牛乳に溶かして飲んでる人が多いんですよね?

A先輩
まぁ、何に溶かしても大して変わらないと思うけど、人によっては拘りがあるみたい!

実は私も牛乳派だったのですが、コレステロールが高いので牛乳を飲むのをやめました。まぁ、牛乳を飲まなくてもコレステロールは下がらないんですけど・・・

というわけで、今日は
 
プロテインを飲むなら水で割るのがおすすめ!
 
ということについて考えてみましょう。別に牛乳でも何でも良いのですが、私がプロテインを溶かすのは水って決めているのには、ちょっとした理由があります。ですから、今日はその辺りをお伝えしたいと思います。


プロテインは何で溶かす?水?牛乳?豆乳?

プロテイン(パウダー)は殆どの人が液体に溶かしますよね。ボディビルダーはビルダー飲みっていうのがあるらしいです。動画がありましたので、見てみますか?


パウダーを直接飲むって凄いです。しかも、量も普通のスプーンと違って大きいですよね。普通の人はやらないと思いますが、やってみたいというかたは是非挑戦してみましょう!勿論、自己責任でお願いします。

さて、本題に入りたいと思います。ビルダー飲みの人には関係がありませんが、プロテインを溶かす液体について考えてみましょう。

一般的にプロテインパウダーを溶かす液体としてよく挙げられるのが、以下の3つでしょう。

  • 牛乳
  • 豆乳

 
あと、緑茶割りが美味しいという方も居られるようですが、私にはちょっと試す勇気がないので試したことがありません。人によっては

緑茶割りが一番美味しい!

と言う人もいるの、もしかするとあなたの口には合うかもしれませんね。ただ、美味しくないという意見の方が多いようです。食わず嫌いは良くないかもしれませんが、私はパスです。(笑)

しかし、メーカーが開発・製造する上で狙っているのは、多くの商品が牛乳で溶かすという商品です。最近では水でも美味しいという謳い文句のプロテインも多く出回るようになりました。そして、水専用の商品も出てきました。私も一時期愛飲していたプロテインがこちらです。

ザバスのAQUAという商品。こちらは水で溶かしてスポーツ飲料感覚で飲めるというプロテインです。本当にスポーツ飲料そのものという感じでサッパリした味です。

こういった商品が販売されるということは、やはり

プロテインは水に溶かして飲みたいなぁ・・・

という意見も多かったのでしょう。その理由として考えられるのは、

  • カロリーが気になる
  • 水以外の液体を準備するのが大変
  • 牛乳などが苦手

 
というところでしょう。私の場合は、牛乳も豆乳も大好きなのですが、やはりカロリーが気になります。そして、牛乳や豆乳を常に買っておかなければならないというのも難しいですね。冷蔵庫が小さいわけでもないのですが、何故か置き場所にも困ってしまいます。

ですから、私の場合はプロテインと言えば水です。そして、おすすめするのも牛乳・豆乳ではなくて水です。では、水以外の液体について、もう少しデメリットを詳しく見ていきましょう。
 

牛乳は意外と高カロリー!プロテインと合わせると・・・

私が学生の頃から良く聞いたのが、『日本人の85%が牛乳に含まれる乳糖を遺伝的に分解することができない』という話ですね。こちらの動画でも説明されていました。

動画内の話が100%正しいのか否かというのは色々な意見がありますし、私自身の経験から推察するに85%っていうのはちょっと大袈裟だろうと思っています。

牛乳でお腹を壊す人が85%も居たら、給食の牛乳はとっくの昔に廃止されているでしょう。まぁ、給食の牛乳を廃止しようという流れがあるようですが、なかなか実現しそうにはないですよね。もしくは、乳糖を分解できなくても特に人体に影響がないのでしょうか。

ちなみに、動画内で紹介されていた書籍はこちらの『なぜ牛乳は体に悪いのか』という書籍です。

そんな牛乳ですが、実は意外と高カロリーなんですね。牛乳はコップ一杯(200g)で134kcalもあります。コーラが約90kcalということなので、コーラの1.5倍近いということになります。ちょっとびっくりじゃないですか?

現在、私の手元にあるプロテインが1食あたり約120kcalと表示されていました。つまり、プロテインが低カロリーだったとしても、牛乳に溶かして摂取したとすると、1杯あたり250kcalものエネルギーを摂取していることになります。もし、1日に3杯のプロテインを摂取するという人であれば、それだけで750kcalです。ちょっと摂り過ぎですよね。
 

筋肥大をするには、

摂取カロリー > 消費カロリー

となっていなければなりませんが、食事を普通に摂って更に牛乳とプロテインと考えると、少し摂り過ぎですよね。

ダイエットの為に食事をプロテインに置き換える、「置き換えダイエット」という方法もあります。その場合は特に問題無いと思いますが、普通の「食事+プロテイン」と考えた場合、個人的にはやはりに溶かすのがおすすめです。

ちなみに、豆乳は200mlで95kcal程度なので、牛乳よりは低カロリーです。また、カロリーだけではなく、糖分についても気になるという方もおられるでしょう。そんなあなたは、やはり水が良いのではないでしょうか。

プロテインって、水で飲むとちょっと味が薄くない?

と思っていたのですが、少し水を少な目にすると気にならないかもしれません。まぁ、プロテインの種類にもよるかもしれませんが。
 

まとめ

今日はプロテインを飲むなら水がおすすめということについて考えてみました。殆どのメーカーのプロテインに合う飲み物と言えば、やはり牛乳でしょう。次いで豆乳ではないかと思います。

しかし、私はプロテインを飲むなら、敢えてをおすすめします。

その最も大きな理由は低カロリーだからです。牛乳の場合、200mlで134kcalもあるので、プロテインと合わせると1食分で約250kcalということになります。これはご飯1杯分よりも高カロリーということになります。

つまり、普通に食事をしている人がプロテインと牛乳を摂取することで、ご飯をおかわりしているのと同じことになるんですね。

できるなら低カロリーに抑えたいなぁ・・・

という場合には水が一番ですね。

そんな、水に溶かしても美味しいおすすめのプロテインがこちら。