スクワットはお腹を凹ませる効果が凄い!効果ないって誰が言った?

以前、出張族のM本さんに、出張先でもできる筋トレということでスクワットを勧めたのですが、スクワットがこんなにお腹を凹ませるのに効果的だとは思っていませんでした。

以前の記事はこちらです。


 
M本さん、最近ちょっと痩せたんじゃない?

M本さん
そうなんですよ。ちょっとお腹が凹んできた気がして。体重も減りましたけど。

スクワット効果って凄いねぇ。

M本さん
スクワットがこんなに効果があるとは思ってなかったんですけど。まさかって感じですよね。

僕も思ってなかった。(笑)

最近、スクワットがダイエットに効果的だということでかなり話題になってますよね。私も気なってしまい、コンビニで本を購入したのですが内容はイマイチでした。

購入したのはこちらの本です。

何がイマイチかと言うと、本当に1日3分のスクワットでここまでの効果が得られるの?という疑問が残ったという点です。確かにスクワットの効果は認めますが、どうなのでしょうか・・・

というわけで、今日は
 
スクワットはお腹を凹ませる効果が凄いってホント?
 
というテーマを取り上げてみたいと思います。ネットでは30日間スクワットチャレンジなんていうのも話題になっているようですが、中には「効果ない」という意見もあるようです。一体何が本当なのでしょうか?

スクワットの効果について調べてみましたので、疑問のある方はこの記事で解決して行ってください。
 

SPONSERD LINK

 

スクワットで鍛える筋肉がお腹にもたらす効果を考えよう!

まずは簡単に正しいスクワットの方法について見ていきましょう。

スクワットはフォームが大事です。間違ったフォームでは思ったような効果が得られないので、注意しましょう。フォームに関して注意する点はこちら。

  • 左右の足幅は肩幅と同じくらい
  • 骨盤を前景させる
  • 爪先と膝の方向は常に同じ
  • 太腿が地面と平行になるようにする

正しいフォームでのスクワットを行うことで、下半身の筋肉を効率よく鍛えることができます。

スクワットで鍛えられる筋肉は次の3つ。

  • 大殿筋(お尻)
  • 大腿四頭筋(太腿の前側)
  • ハムストリングス(太腿の裏側)

そして、下半身を鍛えることでお腹に効果をもたらすメカニズムがこちら。

筋肉量が増える⇒基礎代謝量が増える⇒脂肪が燃焼する⇒お腹が凹む

重要なポイントは次の2つです。

  1. 下半身の筋肉量
  2. 基礎代謝

 
ちょっと解り難いので、もう少し詳しく見ていきましょう。
 

下半身には約6割の筋肉が集約されているってホント?

スクワットで鍛えられる筋肉は大まかに言うと、膝からお尻までの筋肉殆ど全てという感じですね。つまり、かなり大きな筋肉を鍛えることになります。ですから、筋トレのbig3の一つに含まれているのです。詳しくはこちらの記事を参考にしてください。


 
一般的な筋肉の割合を下の表にまとめました。

部位 割り合い(男性) 割り合い(女性)
上半身 約25% 約15%
体幹 約15% 約15%
下半身 約60% 約70%

 
パッと見て気が付くことは無いですか?

M本さん
そうか!筋肉は下半身に集中しているんだ!?

男性の場合は約60%、女性の場合は約70%が下半身の筋肉ということになります。割合としてはかなり大きいですよね。これは、人間が二足歩行をするようになり、下半身の筋肉が発達したからだそうです。

では、下半身の筋肉を鍛えるとどんなメリットがあるのでしょうか?答えは基礎代謝です。続いて基礎代謝について見ていきましょう。
 

効率よく痩せるには基礎代謝量を増やすのが王道?

人間は生命を維持する為に必要なエネルギーが必要です。そして、生命を維持する為に必要なエネルギーのことを基礎代謝と言います。実は一般平均で基礎代謝は全体のエネルギー消費の約60%であり、運動などによるエネルギー消費はたったの約15~20%しかありません。

そして、重要なことは基礎代謝が筋肉量に比例するということです。

つまり、スクワットをして下半身の筋肉を鍛えることで、下半身の筋肉量が増えることを期待できます。筋肉量が増えるということは、基礎代謝量も増えるということ。そして、基礎代謝量が増えることで、運動をしなくてもエネルギー消費されるので脂肪が燃焼し易い体になるということですね。

つまり、太り難い体質ということにもなります。リバウンドとは無縁という感じですね。
 

まとめ

今日は、スクワットがお腹にもたらす効果ということで、そのメカニズムについて考えてみました。もう一度記事を振り返ってみたいと思います。

スクワットをすることで、以下のような効果が期待できます。

筋肉量が増える⇒基礎代謝量が増える⇒脂肪が燃焼する⇒お腹が凹む

重要なのは、スクワットによって下半身の筋肉量を増やすことが非常に効率が良いということです。それは、全身の約60%の筋肉が下半身に集中しているからです。そして、筋肉量を増やすことで、基礎代謝(生命を維持する為に必要なエネルギー)も増えるということ。

実は、もう一つ重要なポイントがありました。それは、部分痩せはできないという点です。部分痩せに関してはこちらの記事をご覧ください。

部分痩せができないということは、お腹周りの脂肪を減らすにも全身の体脂肪を減らすしか方法が無いということになります。ですから、スクワットによって全身の体脂肪を徐々に減らしていくことで、最終的にはお腹周りにも効果が現れるということです。

但し、お腹周りというのは、最も脂肪が蓄積し易い部位なので、効果が現れるには多少の時間が掛かることになるでしょう。ですから、焦らずコツコツとやっていくしか方法はありません。30日スクワットチャレンジなんてものが流行っているようですが、30日で結果を出そうとするのはかなりキツイでしょう。

やはり確実に効果が現れるまでには3ヶ月程度を見ておいた方が良いのではないかと考えます。