メタボを解消したいけど筋トレだけでは無理ってホント?

メタ坊さんのQ&Aコーナー!!
今日は、メタボを解消したいというM本さん(41歳)からの相談です。M本さんは、仕事柄出張が非常に多く、年間4分の1程度は出張なんだそうです。そして、M本さんの悩みは『出張に行くたびにお腹の脂肪も増えていくという状態を何とかしたい』ということでした。

M本さん
出張続きで外食が多くて、そのせいでメタボ街道まっしぐらなんですよ。

私も数年前まで同じような感じでしたね。2ヵ月で5kg太ったりってこともありましたよ。

M本さん
やっぱり出張が多いとそうなりますよね。で、メタボを解消したいので、何か対策を・・・と思ってるんですが、なかなか難しくて。

それなら筋トレが良いんじゃないですか?出張先のホテルでも取り組めると思いますよ。

M本さん
でも、ホテルで筋トレって言うとできることが限られてますよね。自重トレーニングくらいしかできないかと。

あぁ~、確かにそうですね。重いダンベルを持って行くのも無理ですよね。

M本さん
やっぱり筋トレだけではメタボ解消って無理なんじゃないでしょうか?

いや、きっと何か方法があるはず!!

出張族って言うのでしょうか。私も経験がありますが、毎日外食とコンビニ弁当で高カロリーな物ばかり食べてしまいます。私の場合、一番酷い時には出張から久々に帰宅したらジーンズが履けなくなってたということがありました。

出張先では作業服とジャージで過ごしていたので全然気が付かなったんですよね。結局、履けるズボンが無いからすぐにユニクロで購入したのですが、そんな状態は避けたいです。

というわけで、今日は
 
メタボ解消は筋トレだけでできるのか!
 
というテーマを取り上げたいと思います。出張先ということで、トレーニング用品も限られている状態。そんな厳しい状況でもメタボ解消は可能なのでしょうか?
 

メタボ解消したいなら!筋トレは工夫次第で効果絶大!

メタボというのは、皮下脂肪ではなく内臓脂肪が蓄積した状態です。では、実際に筋トレで内臓脂肪を減らすことは可能なのでしょうか?M本さんがメタボ解消の為に考えている筋トレのメニューとしては、以下のようなものを考えているようです。

  • 腕立て伏せ:50回程度
  • 腹筋運動(クランチ):50回程度

しかし、残念ながら上記のような筋トレメニューを毎日こなしたとしてもメタボが解消できる可能性は極めて低いでしょう。腕立て伏せや腹筋運動の回数をもっともっと増やし、有酸素運動として考えた場合には脂肪燃焼効果もあると思いますが、現実的に難しいですよね。

M本さん
じゃぁ、筋トレじゃメタボは解消できないんですか?

筋トレは基本的に有酸素運動とは言い難く、しかも上記のようなメニューでは筋肥大も全く期待できません。しかし、もっとしっかりとメニューを考えれば、筋トレでもメタボの解消をすることは可能です。

M本さんの場合、出張先でもできる筋トレということで、基本的には自重トレーニングしかできないでしょう。しかし、自重トレーニングを行って短期間でメタボを解消することは非常に難しいと思われます。そこで、おすすめするのが最近流行りのスクワットですね。

何故スクワットなのかというと、大きな筋肉を鍛えた方がメタボ解消には効率的だからです。スクワットと言えば下半身の筋肉を鍛えることが目的ですよね。実は、下半身の筋肉は全身の筋肉の約60%(女性の場合は70%)を占めるのです。

つまり、下半身の筋肥大ができれば、基礎代謝もアップし、脂肪燃焼効果も得られるということになります。スクワットにも色んな方法がありますが、例えばこちらの動画のようなサーキットトレーニングを取り入れるのも良いでしょう。たった3分でかなりの効果が得られるようです。

ちなみに、M本さんは自分がメタボだと言っていますが、そもそもメタボってどういう状態のことなのでしょうか?実は、メタボ予備軍は約2000万人以上と言われています。もしかすると、あなたもメタボ予備軍かもしれませんよ。

メタボのことを知ることで、より明確なメタボ解消の糸口が掴めるかもしれません。
 

メタボって何なの?解消する根本的な方法は?

まずはメタボとは何なのか、基本を抑えておきましょう。こちらの動画が分かり易かったので、一緒に見てみましょう。

メタボリックシンドロームというと、単純に太っているというイメージが強いと思うのですが、実際はそういう意味ではないということが良くわかったと思います。

メタボの条件としては、内臓脂肪の脂肪面積が100m2以上(簡易的に腹囲測定)と、更に以下の3つの内2つ以上当てはまった場合です。

  • 高血圧:130mmHg以上(上)、85mmHg以上(下)
  • 脂質異常:中性脂肪150mg/dL以上、HDLコレステロール40mg/dL以上
  • 高血糖:110mg/dL以上

『メタボ = デブ』というイメージが強いですが、実際はそれだけではメタボという診断にはなりません。但し、内臓脂肪が多いことで他の異常も起こしやすいということは明らか。つまり、内臓脂肪を除去することができれば、他の異常も軽減される可能性が高いということになります。

ですから、メタボを解消するということは、内臓脂肪を減らすということと同じような意味合いだと考えて良いでしょう。皮下脂肪と内臓脂肪については、こちらの記事も参考にどうぞ。

まとめ

今日は、メタボ解消は筋トレで可能か否かということについて考えてみました。

一般に自重筋トレと言うと、腕立て伏せや腹筋運動というイメージが強いですね。しかし、そのような筋トレメニューを毎日こなしたところでメタボを解消するのは非常に難しいでしょう。というか、ほぼ不可能に近いと思います。

もし、あなたがそのような筋トレを行ってメタボを解消しようとしても、効果が現れる前に挫折することになるでしょう。そこで私がおすすめするのがスクワットです。最近は本当にスクワットの効果が見直されているようで、コンビニでもスクワット関連の書籍が並んでいたりしますよね。

これは一過性の流行のように思えますが、実際に効果を感じている人が多いのは事実です。下半身の筋肉量を増やして太り難い体質を身に着けるという意味でもスクワットは有意義でしょう。メタボだけでなく、皮下脂肪も減少することができる画期的な方法だと思います。

是非、メタボ解消をするなら、スクワットに挑戦してみてください。腹筋運動の何倍というのは信用できない情報だと思いますが・・・実際にあなた自身が挑戦してみて、効果を感じてください。

スクワット関連に興味のある方はこちらの記事もご覧ください。


 

只今私も脱メタボを目指して挑戦中!途中経過はこんな感じです。興味のある方はご覧ください。